TO COMPANIES AND ORGANIZATIONS

企業・団体の皆様へ

次代を拓く社会連携教育研究プラットフォームを核に、
産官学連携による"協育・協働・共創"を展開。

『変動地球共生学卓越大学院プログラム』は、東北大学の重点領域である災害科学と連動した学位プログラムです。変動する地球・環境に対する深い理解・知識だけではなく、先端知・技術を社会に実装する能力と行動力、先見する力、課題解決力を有する「スノークリスタル型人材」の育成を目指しています。

世界トップレベルの先端教育・研究環境で研鑽を積んだ修了生は、自然災害や人為的災害のリスクにさらされているグローバル企業、国際機関、官公庁などでの活躍が期待されます。また、高度な文理融合教育により涵養された多面的能力は、昨今、あらゆる産業分野で導入・整備が急務とされる複合リスク管理にも発揮されることでしょう。本プログラムには知識基盤社会において中核的かつ主導的な役割を果たす人材の供給が課せられています。

本プログラムでは、リスク関連分野の企業・団体を中心とした「リスクスタディコンソーシアム」を立ち上げ、新しい産学協働教育共創への取り組みを展開していきます。"持続可能"であることは、地球・環境だけではなく、企業戦略・活動にとっても欠くべからざるものでしょう。大きな視座で、現在から未来を見晴るかすことのできる先導的人材が、ここ仙台から全国へ、そして世界へと巣立っていきます。

東北大学サステイナビリティスタディコンソーシアム設立のご案内

このたび、東北大学変動地球共生学卓越大学院プログラムと、理学研究科地学専攻・地球物理学専攻、文学研究科日本学専攻・広域文化学専攻・総合人間学専攻では、産官学連携による持続可能な社会の構築に向けた未来像の創出と研究の振興、人材育成・学生の進路指導支援を目的とし、東北大学サステイナビリティスタディコンソーシアムを設立することといたしました。本コンソーシアムでは、同卓越大学院プログラムにおける産官学協働教育の実施、学生の就職活動を支援する企業フォーラムの開催や、セミナー情報の共有等を行っていく予定です。コンソーシアムの趣旨にご賛同いただける多くの企業・団体のご参加をお待ちしております。

令和2年度 第1回企業フォーラムの開催について

例年、採用活動を目的としたOB訪問や、大学での企業セミナー開催のお申し込みを多数頂いている中で、学生(特に前期課程(修士)1年生)が研究に集中できない状況が続いています。一方で、これらの場は、学生にとって重要な将来の進路を考え、現在の研究の意義を見つめなおす貴重な機会となっていることも事実です。そこで、本コンソーシアムにおいて、参加企業・団体と大学院生との情報交換の場を提供することといたしました。 日時を定めて開催することで、学生は授業の履修や研究活動に大きな支障を来たすことなく、多数の企業・団体から効率的に情報やフィードバックを得られ、また複数専攻にまたがるフォーラムの場を利用することで、キャリアパスの可能性を広げることができます。

また、参加企業・団体にとっても、出席学生数の増加が見込まれ、これまでにアクセスしていなかった専攻や学年の学生に接する機会が生まれると同時に、学生のポスター発表を通じて、短時間に効率的なコミュニケーションをとって頂けると考えています。

詳しくは企業フォーラム2020実施概要【PDF】をご覧ください。

本プログラムでは、新しい産学連携による次世代型社会連携教育研究プラットフォームを構築し、次代に必要とされる能力・個性を育成していきます。具体的な連携として、ご寄付・共同研究・マッチング型インターンシップ・企業特別研究員受け入れ等があります。

ご興味のある企業・団体様はsyde-office@grp.tohoku.ac.jpまでご連絡ください。

Back to TOP